» 時計修理のアーカイブ

その他修理

フランク

DSCN2469
ETA2892-2

DSCN2467
裏回り

DSCN2468
分解写真

DSCN2465



エドホイヤー  レマニア1883

DSCN2470
手巻き式 クロノグラフ ムーンフェイズ レマニア1883

DSCN2455
分解写真
DSCN2453

NOREXA   手巻き トリプルカレンダー

DSCN2443
バルジュー89 18000振動/h

DSCN2437
出車にて センター秒針に

DSCN2442
裏回りです。 トリプルカレンダー+ムーンフェイズ 上の写真ですが レバーとバネだらけで 頭がおかしくなっちゃう。

DSCN2436

シャネルJ12 オートマチック

DSCN1979止まりでした。 原因は油切れにより 輪列が 回らない状態で 分解掃除注油により 改善。
DSCN1954
ETA2892-2 28800振動/h

DSCN1955
裏回り

DSCN1953

AP 手巻き式デイト

DSCN1608
K18ムク ブレス&ケース

DSCN1606
ムーブメントは さすがAP非常にきれいです。

DSCN1605デイト付きなので 中心部より 左へ そして6時位置へと歯車が 連動して カレンダーを表示します。

LONGINES クロノグラフ 

DSCN1598
L674.4 自動巻きくクロノグラフ 28800振動/h

DSCN1597
DSCN1596
デイデイトのため 曜日ディスクが 入っています。

DSCN1593
クロノグラフですので 部品手数が 多くなります。

 

NOMOS ラドウイック

DSCN1599
ムーブメント NOMOS α 21600振動/h 17石 パワーリザーブ43時間 手巻き

DSCN1590
裏側は 非常にシンプルです。

DSCN1591
DSCN1589
手巻きですので 部品点数は そんなに多くありません。

TISSTO   ETA2836-2 デイデイトオートマチック

ETA2836-2 28800振動/h
カレンダー回りは デイデイトの場合は こんな感じです。
リューズ 巻き芯交換のため まだ 調整していません。

ORIS レクタンギュラーデイデイト 自動巻き ETA2688 


赤いローターの自動巻き

デイデイトだけあって 裏まわりは けっこう複雑

HAMILTON Khaki 手巻き式 ETA2801-2 28800/h

10年以上前に 彼女からの プレゼントということでした。 異常な進みで 持ち込まれました 

オーバーホール ひげ調整で OK でした。

TISSOT クオーツ

20年近く 眠っていた時計だそうです。 電池交換に持ち込まれましたが 錆がひどくオーバーホールが必要でした。

FORTIS

フリーガーオートマチック

分解写真 
ETA2824-2 28800振動/h デイト付き  

FORTIS

B42 デイデイト

 


ETA2836-2 28800振動/h 自動巻き インカブロック デイデイト

カテゴリー:その他修理, 未分類
Tags: , , , , , ,

カルティエ修理

カルティエ マスト  クオーツ 9006
 

クオーツムーブメント  オーバーホールしてみますと 非常に無駄のないシンプルなムーブメントです。

部品点数のご覧のように 非常に少ない感じがします。

 

カルティエ パシャC 自動巻き CAL046 (ETA2893-2)

 


キャリバー046 自動巻き機構を組む前の状態です。


裏回りですが 右下に見える2つの車により GMTの針を移動することが可能となります。


分解写真です。部品点数が わかると思います。実際には数えたことは ございません。

カテゴリー:カルティエ修理
Tags: , , , ,

ブルガリ修理

ブルガリ クロノグラフ 
DSCN2016
自動巻き クロノグラフ 45分積算計 28800振動/h

DSCN2014
2階建ての構造です。
DSCN2015
文字盤側は 面白くないですね。

DSCN2013




ブルガリ レッタンゴロ  オートマチック  キャリバー 180-TEEN

ETA2892-2の小型に非常によく似た ムーブメントです。

 

自動巻き機構を 組む前の写真です。
 

ブルガリ レッタンゴロ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ローターにブルガリのロゴ
やはリどこかで 見た様なムーブ・・・・・・。
   

 

カテゴリー:ブルガリ修理, 時計修理

ホイヤー修理

ホイヤーカレラ 

DSCN1670
DSCN1664
ETA7750ムーブメント

DSCN1665
修理は引きまわり リューズを回すと ローターが ビュンビュン回る状態でした

DSCN1663
分解写真です。 クロノグラフとなるとさすがに 部品点数が おおくなります。

ホイヤー2000 自動巻き キャリバーETA2824-2

DSCN1613
止まりで持ち込まれた時計ですが 止まりの原因は 油切れ でした。

DSCN1612おなじみのETA2824-2 

DSCN1611カレンダー表示 

DSCN1609分解の写真です。

ホイヤー6000 自動巻き キャリバー2892-2



やはり 金色のローターを 使用 ローターには ロゴが

ゼンマイ切れで 止まりでした ゼンマイが切れた時の影響と思われませが 3番車のホゾが 折れていました。

ホイヤー アクアレーサー キャリバーETA2824-2


安定したムーブメントですが オーバーホール前は 遅れが 出ており 汚れによるものでした。

ローターには ホイヤーロゴが 入っています。

ホイヤー 6000コンビ  キャリバーETA2892-2


ETA2892-2 ホイヤーは 金色ローターが 多いように感じます。

裏回りです。

eta 251.262


ホイヤークロノグラフ クオーツムーブメントです。
駆動用コイルが 5つ見えると思います。 一番手前に見えるコイルのステップモーターが 時計を動かしています。これが6時位置の通常秒針を動かして分針・時針へと伝わり通常の時計を動かします。


ムーブメントの写真の右側の真ん中のコイルが見えますがこのステップモーターが センタークロノ分針を動かします。(文字盤では 赤い針です。)

左側真ん中のコイルですがこれに連動しているステップモーターは クロノ秒針を 動かすことになります。

左側上のコイルに連動するステップモーターは1/10のクロノ秒針に連動します。これは2時のプッシュボタンを押したときのストップした場合に 1/10を 表示します。(文字盤右上 スモールダイアル)

右上のコイルに連動するステップモーターは12時間計を動かすことに なります。

通常時計は 一つのステップモーターで動きますが(あたりまえか)そのほかの針 クロノ関係は 一つのステップモーターに 1つの針がついています。 5モーターステップ どっかで聞いたことありますよね。
 

 
ホイヤー2000 クオーツ
 
ETA955.144クオーツムーブメント
 
デイト機能

セルオートマチック
 
分解写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れがひどく 振り角の出ていませんでしたが
オーバーホールにて 改善復活です。

 
ETA2892-2を採用
 
裏周り

 

カテゴリー:ホイヤー修理, 時計修理
Tags: , , ,

IWC修理

アクアタイマー Cal C37624 28800振動/h



ムーブメントは 金色に化粧してありました。


日車は 文字盤に合わせて 黒に白字
br_wildIWC ダビンチSL Cal  C37624  28800振動/h


分解写真


br_wildCal C37624  磁気帯がひどく タイミング調整が 出来ず 分解しながら磁気抜きを しました。


 

 
分解写真
 

 

 
   
分解写真
 
IWCキャリバー C79320
さすがIWC見えないところまで仕上げています。
クロノグラフ部分を組む前です。
 
ローターを組む前ですがやはりきれいですね。

 

カテゴリー:時計修理, IWC修理
Tags: , ,

オリエント修理

オリエントスターロイヤル パワーリザーブ カレンダー付 46M40
DSCN2428
DSCN2427
ムーブ最上部にある半円が回転することでゼンマイが巻き上がります。

DSCN2420
分解した写真になります。巻き上げの調子が悪いということでオーバーホールになりました。

オリエント エムホース パワーリザーブ キャリバー 46G41


3時位置のボタンで カレンダーの早送りを 行います。


分解の写真です。 パワーリザーブが10時間ほど残っていたのですが どうしても止まってしまう状態でしたので オーバーホールとなりました。


ローターはまだ組んでいません。

オリエントスター セミスケルトン キャリバー 46S51


右上の歯車にパワーリザーブの針が付きます。



セミスケリトン

ORIENT オリエントスターパワーリザーブ  46N42キャリバー 21600/h

たまには ムーブメントの裏側です。


通常カレンダー(日車)は 時計と同心円で セッティンングされていますが オリエントのパワーリザーブ機能が 付いているモデルは
こんな感じです。ちなみに 日付の30日の所の突起にパワーリザーブの 針が付きます。

ORIENT ダイナミック  Cal 48140 21600振動/h

分解写真


キャリバー48140 巻き上げが不良でした。丸穴車 と キチ車を 交換


オリエントダイナミック 手巻き式 シースルーバック

 
オリエントスターロイヤル修理品
 
分解写真
 

 

 

 

 

 

 

 

自動巻き機構とローターを組む前です。

なんかきれいでないですよね。

 
組み立て完了

 

 

 

 

 

 

 

組み上げ後はこんなにきれいです。

 
オリエントスターワールドタイム
 
文字盤の下の ワールドタイム機能とカレンダー機能の
歯車が見えます。
 

 

カテゴリー:オリエント修理, 時計修理
Tags: , ,

ロレックス修理

ROLEX GMTマスター

DSCN2490
キャリバー3186 自動巻き 28800/h振動

DSCN2489
分解写真

DSCN2488

 

 

ROLEX 16234  デイトジャスト

DSCN2495
DSCN2493
キャリバー3135

DSCN2494
DSCN2492
ゼンマイ切れ

ROLEX デイトジャスト 16233G

DSCN1998Cal3135 自動巻き 28800振動 

DSCN1994裏回り

DSCN1993
DSCN1991
ゼンマイ切れのための止まりでした。 分解掃除とゼンマイ交換の修理です。

DSCN1992分解写真です。

 

ROLEX デイトジャスト
DSCN1990

 

DSCN1987
Cal2135 

DSCN1988
裏回りです。

DSCN1965
分解写真  定期の分解掃除です。 振り角も良好。

ROLEX デイトジャスト 16000 

DSCN1989

 

DSCN1937
Cal1570 

DSCN1936
遅れと リューズが閉まらなくなった状態でした。 リューズを交換し分解掃除にて完了

 

ROLEXエクスプローラー

DSCN1981
DSCN1941Cal3035 自動巻き 28800振動/h

DSCN1940カレンダーが付いていないため 裏側はシンプルです。

DSCN1939
分解写真 止まりでした 原因は ゼンマイ切れです。 それと 年数がたっていたので 分解掃除注油で 改善。

ROLEX サブマリーナ

DSCN1677
キャリバー3135

DSCN1675添付の振り角が 小さく遅れが でていました。

DSCN1676

DSCN1674-002
分解写真 

ROLEXデイトジャスト 16234

DSCN1669
キャリバー3135

DSCN1667
ゼンマイ切れの修理でした。

DSCN1668
カレンダー回り

DSCN1666分解写真 

ROLEX プレセジョン 6694

DSCN1661
キャリバー1215

DSCN1659出車付き

DSCN1658デイト機能

DSCN1657-001分解写真
 

 

 

 

ROLEX エアーキング 14000 DSCN1651
キャリバー3000

DSCN1639
平ひげ使用 

DSCN1640
ノンカレンダーなので 裏側は シンプルです。

DSCN1638オーバーホールのため 分解した 写真です。

ROLEX デイトジャスト 1630

自動巻きですが 日付の早送りは付いていません。

1570 出車を 採用し センター秒針にしています。


カサ車(時針の付く車)が 直接 日送り車を回します

ROLEX エアーキング キャリバー3130 ノンデイト


表は 3135と同じです。ノンデイトなので こんな感じです。

ROLEX デイト 品番15120 キャリバー3135


サファイアガラス
定期のオーバーホールです。

 

ROLEX デイト キャリバー 1570

プラ風防 

チラネジ 巻き上げひげ搭載
カレンダーは 「パシャ」と変わります。

ROLEX デイト キャリバー1570


自動巻き機構を組む前です。出車でセンターセコンドにしています。

カレンダー回りです まだ カレンダーの早送りできないムーブです。

ひげゼンマイが ブルーです。
ROLEX デイト 1510 ムーブメントキャリバー1570

ROLEX サブマリーナ  キャリバー3135

洗浄前の分解写真です。自動巻き機構を 組み込む前

ROLEX デイトジャスト キャリバー3135

キャリバー3135 のオーバーホールです。

裏回りです。

ROLEX デイトジャスト キャリバー3135

巻き上げ不良で 遅れ止まりの状態でした。 メンテナンスを行わないで 使用を続けために ローター芯が摩耗して ムーブメントにローターが あたってしまい 巻き上げ不良を起こしていたのと ローターが機械にあたり金属片の粉が散らばっていました。


右に見えるのが 交換したローター芯です。

ROLEX デイトジャスト キャリバー1570


1570の時計部分を組んだ状態です ひげゼンマイが 青色でチラネジ付き きれいなブームメントです。


先程のムーブメントに 出車を付け 中央に秒針車を 付けた状態です。これでセンター秒針になります。


裏回りです。左上の歯車が デイドジャスト特徴の カレンダーが「パシャ」と高速で回ります。


2枚目写真に 自動機機構を 組んだ状態です。ムーブメントは これで完成


針を付けます。 インデックスの蛍光塗料の色が 時間が経つにつれ 黄色になっていきます。


ケーシング ・ ブレスを付けて 完了となります。 古いものですが いい顔をしています。

ROLEX サブマリーナ 16610 キャリバー3135


キャリバー3135の 分解写真です。ETAに比べると 部品点数はだいぶ多いですね。


時計部分を 組んだ状態です。ここでビブログラフで精度の確認をします。 この上に 自動巻き機構が 組まれます。


裏返して 裏回りを組んだ状態です。ここで カレンダーの早送りができるか リューズを2段引き 針回しで カレンダーを送るかを確認します。


また  裏返して 自動巻き機構を組んだ状態です。これでムーブメントの完成です。


ROLEX サブマリーナ オーバーホールの完了となり ランニングテストを 行います。

 

 

 
EX1
 
分解写真
 
カレンダーがないタイプですよね。
 
ROLEX 1603 修理品
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 
キャリバー1570 自動巻き部分を組む前です。
出車が見えます。
 
 
ROLEXエクスプローラーⅡ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャリバー 

 
 
ロレックスGMT 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 
キャリバー 3815 GMT
 

 

カテゴリー:ロレックス修理, 時計修理
Tags: , , , , , ,

SEIKO修理


キングセイコー ハイビート 36000振動/h

DSCN1656手巻きムーブメント

DSCN1654


SEIKOキャリバー4500 

DSCN1655

DSCN1653分解写真 

 


グランドセイコー

 

DSCN1649
キャリバー5722B
DSCN1648
手巻きのグランドセイコーです。

DSCN1647デイト付き カレンダーの早送り機能あり 

DSCN1646
オーバーホールのため 分解した写真です。

SEIKO 5  DX  5139-7020

 

seiko-5の40年ほど前の 時計と思われます。


年代を感じさせる 時計ですが SEIKOらしさがでています。

ムーブメント 5139A は 意外ときれいでした ゼンマイが 切れていたため 探すのには 苦労しました。

参考までに リューズの左に3本筋のネジがありますが これは 修理のときだけに使うネジです 昔は親切でした。

 

 

 

 

 

 

 

分解写真 

 
SEIKO 6R15キャリバー 21600振動/H 3時カレンダー表示
 

 

 

 

 

 

 

裏周り

 

 

カテゴリー:時計修理, SEIKO修理

チュードル修理

TUDER ユニーク

DSCN1997
ETA2824-2 28800振動/h

DSCN1996
ゼンマイ切れでの 止まりでした。 分解掃除とゼンマイ交換の修理です。

DSCN1995
分解写真




TUDOR クロノタイム

 


クロノタイム オーバーホール リューズ修理でした。

ETA7750 採用
デイト表示

TUDOR 79090

 


TUDORサブマリーナ オーバーホール ゼンマイ交換 風防交換の修理でした。

ETA2824-2 制度調整には トリビオスを採用
TUDORは 地板にも TUDORの マークが 入っています。

TUDOR 2484
 


TUDOR デイト付き

 

地板 文字盤側に TUDORの刻印があります。

 

 

 


テンワには チラねじが付いています。 さすがに 古いムーブメントなので 部品を探すのに一苦労しました。


TUDOR サブマリーナ

分解写真

 

 

 

 

 

 

 

ETAキャリバー 止まりの原因は ゼンマイ切れでした。

 

 

カテゴリー:チュードル修理, 時計修理

オメガ修理


オメガスピードマスターオートマチック セナモデル

DSCN2009
Cal 3220 自動巻き 28800振動/h

DSCN2006
止まりの原因となった 秒針が付く車ですが 歯車の右側の ホゾが 錆びていました。
DSCN2005
分かりにくいのですが 錆を取った状態です。

DSCN2008




オメガシーマスター120 Cal1220 28800振動/h

DSCN1980
DSCN1945分解写真ですが 遅れの症状でした 油切れで 分解掃除注油で 正常に

オメガシーマシタープロ オートマチック Cal1109 28800振動/h

DSCN1952
DSCN1949分解写真

DSCN1950
裏回り

DSCN1951

オメガスピードマスタープロ DSCN1650
DSCN1644
キャリバー861 レマニア

DSCN1645裏側です。

オメガスピードマスター オートマチック

DSCN1652
キャリバー3220 いわゆる2階建てムーブメント

DSCN1637
DSCN1636
裏側です。

オメガスピードマスタープロ

DSCN1621
キャリバー1816 
DSCN1618
クロノグラフを組む前です。

DSCN1619
クロノグラフ部分が 組みあがりました。

DSCN1620
裏側部分です。

DSCN1617
オメガスピ-ドマスタープロ アローハンド

DSCN1616
手巻き キャリバー1861 レマニア

DSCN1614裏まわりは 非常にシンプル

DSCN1615
レマニア1816 機械式クロノグラフ 21600振動/H

DSCN1600
分解写真

オメガ シーマスタープロ キャリバー1120 28800振動/h

10年以上も 何もせず使用 振り角が落ちてしまい 遅れが出ていました。 

オーバーホールで 汚れを落とし 振り角も正常に

オメガスピードマスタートリプルカレンダー キャリバー1151


トリプルカレンダーは 通常のクロノグラフよりも部品点数がおおくなります。

オメガ シーマスタープロ キャリバー1120


キャリバー 1120の分解写真

オメガ スピードマスターオートマチック キャリバー1152

自動巻きクロノグラフ 28800/h 振動 30分積算計 12時間積算計


時計部分を 組み上げた状態です。ここで一応 ビブログラフかけ 精度をチェックします。


時計部分にクロノグラフ機構を組んだ状態ですプッシュボタンを押し クロノグラフの作動をチェックします。

裏回りで カレンダーを組む前の状態です。


カレンダーを組んだ状態です。カレンダーの早送りができるか リューズを2段引きで リューズを回して カレンダーが送ることができるかを 確認します。


文字盤を付けて 針を組みますが 非常に神経を使う 作業となります。


ケーシングして 完了です。 オーバーホールが完了となります。あとは ランニングテストです。

オメガ シーマスタープロ Ω1120 

オーバーホールのため 分解した状態です。

時計の表側(実査には裏蓋側)で 自動巻き部分を 組み込んでいない状態です。

自動巻き ローターを組み込んだ状態です。

ムーブメントの裏側です。カレンダーディスクが見えます。


オメガ シマスタープロ

 

 

分解写真

 
中央の車が クロノ秒針が付く車です。 右の車が30分計の針が付きます。
 

 


分解写真 
 
洗浄後 ローターを組む前の姿です。
 

 

 
オメガスピードマスターオートマチック
 

分解写真
 
写真の中央に 錆が見えます 
このため 止まりの原因でした。
 
   

 


スピードマスターオートマチック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 
オメガ キャリバー1152(自動巻きクロノグラフ)
 
デイト付き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オメガスピードマスターオートマチック

 
分解写真
 
キャリバー オメガ1155 28800振動/H

 

 
シーマスタープロ 
 
キャリバー1120 自動巻き 28800振動/H
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オメガスピードマスターマーク40
修理品


月と曜日のディスクが見えます。
 
中央の歯車にクロノ秒針が付きます
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オメガスピードマスターオートマチック
トリプルカレンダー
修理品


分解写真

金メッキされた1511は あまり見かけません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オメガコンステレーション
キャリバー1001
修理品

 
自動巻き機構が組まれていません。
   

 

 

カテゴリー:オメガ修理, 時計修理
Tags: , , , , ,

次の10件を読む>>

Copyright(c) 2019 精工堂時計店. All Rights Reserved.