»よくある質問と回答

腕時計の不具合

Q.時計が止まったのですが▼

A.次のような可能があります

<クォーツ(電池)時計の場合>
・電池切れの可能性が考えられます。
・電池切れでない場合は、油切れ・汚れなどが考えられます。

<機械式時計の場合>
・ゼンマイ切れの可能性が考えられます。
・また、油切れ・汚れなどが考えられます。

その他

Q 時計を振ると変な音がするのですが▼

これは いろいろ考えられますが。
自動巻きの場合は ローターがうまく回れない状態にあることが考えられます これは 油が切れてローターが回る異音または ネジが外れてまたは ネジの頭が折れてケース内で 転がっている場合があります。 他にも いろいろな異音が 出る場合があります。

Q 時計の針がずれていて見にくい▼

針ずれは 衝撃などにより 針が緩んでしまったり 内部の歯車が ずれによっておこる場合があります。 これは ムーブメントを 一度ケースから 取り出さないと修理ができません。 

Q 電波時計ですが ちょうど8分進んでいる▼

電波時計で ちょうど 何分または 何秒進んでいるが それ以上は 進みも遅れもしない場合は 基準位置がずれていると考えられます。基準位置を合わせれば 正確に時を刻むことが 多いです。ご自分で直すときは 時計メーカーのサイトに行きますと 取説が ありますので ご自分の時計の裏蓋の型式番号から検索できると思われます。わからない場合は 当店へご持参ください。

Q 時計は異常に進むのですが?▼

機械時計に 診られる症状ですが ひげゼンマイが 絡んでしまったと考えられます。これは 掛け時計でいうと 振り子は 異常に短くなった状態と同じです。また 振りあたりが 考えられます。テンプが 360°振ってしまい 反対側に当たるため進みが出てしまいます。どちらにしても 異常に進みます。

Q 文字盤がずれているのですが▼

文字盤がずれているのは 文字盤に2本の足が ムーブメントに固定されているのですが 足が2本とも折れている場合が ほとんどです。修理は 文字盤交換になる場合が多いです。

Q カレンダーが 昼に変わってしまうのですが?▼

カレダーが昼に変わってしまうので 単純に 12時間ずれてしまっているので 12時間進ませてください。詳しくは 時計の針の合わせ方を 参照してください。

Q 電池寿命がまだなのに 止まってしまったのは▼

通常は 電池寿命まで動き続けるのですが 時計内部汚れや油の乾きなどにより消費電流が 大きくなり電池を大量に消費してしまうため 電池の寿命が短くなってしまう場合がございます。また 回路の不良により 電池寿命が短くなる場合がございます。また 時計内部に 水分が入り 電池がショートしてしまった場合はすぐに止まってしまいます。

Q 時計の電池寿命は、▼

一般に 腕時計の電池寿命は2年のものが 多いのですが 昔には(昭和)1年ものもありました。現在では 3年・4年・5年・7年と寿命が延びているのもも多くあります。また ソーラーにより充電できる時計も多く出ています。ソーラー用でも 寿命があり10年ほどで 電池の交換が必要となる場合は多いと感じられます。

Q 時計の針の合わせ方▼

一般に カレンダーが 付いてカレンダーの早送りが付いている針式のタイプの場合は (クオーツ・機械式も同じ)リューズを2段引きにして 時計の針をほぼ6時(18時でもOK)にします。ここではAM・PMでもかまいません。(意識しなくてもOK) 6時にしましたらリューズを戻し一段引きで カレンダーを 前日に合わせます。カレンダーを合わせましたら リューズを2段引き(針回し)し 針を時計回りに回します。12時を過ぎてもカレンダーがかわなければ 前日の12時になったことになります。カレンダーが変われば本日の24時過ぎとなり そのまま時計を現在の時刻に合わせます。これで終了です。(カレンダーが変わらない場合は もう12時間進ませて 本日を確認して 現在の時刻に合わせます。
注)時計が自動で カレンダーを送ろうとしている場合に 20時~4時には カレンダーの早送りをしないためです。

Copyright(c) 2018 精工堂時計店. All Rights Reserved.