» 手巻き式のアーカイブ

ナビタイマーコスモノート

brlogo1

ナビタオマー コスモノート
世界限定

宇宙へ旅立ったナビタイマー
手巻き式で蘇る

月面着陸の7年前。1962年、マーキュリー計画に参加したスコット・カーペンター少佐は、大気圏外飛行に挑むために暗闇の宇宙でも昼夜を識別できる24時間表示のナビタイマーの設計を依頼した。コスモノート の誕生である。それから半世紀。2012年、マーキュリー計画50周年に敬意を表し、ブライトリングは、オリジナルモデルと同じく無重力空間で活躍する手巻き式のコスモノートを復活させるため、自社製キャリバ ーB02を新開発。SSモデルは限定1962本

DSCN1831
1962年5月24日、スコットカーペンターは、オーロラ・セブン号で地球を初めて3周しました。彼は飛行の際、昼と夜が区別できない宇宙で使用するため、24時間表示の文字盤を備えたナビタイマーを着用していました。これは宇宙旅行を成し遂げた世界初のクロノグラフでした。宇宙飛行50周年を記念して、ブライトリングは、完全自社開発・製造ムーブメントを搭載しました、新しいナビタイマー・コスモノートを発表しました。1962本限定生産ナビタイマーコスモノートは1962年モデルへのトリビュートとして手巻き式となっており、24時間表示の文字盤を備えています。またケースバックにはオーロラ・セブン号のエンブレムが刻印されています。

main_photo_3

キャリバーB02 機械式手巻き搭載モデル
手巻きクロノグラフ・ムーブメント
・COSC認定クロノメーター
・24時間表示
・70時間以上のパワーリザーブ

main_photo_4

オーロラ・セブンのエンブレムが刻印

ナビタイマーコスモノート
キャリバー:ブライトリング02(自社開発製造)
ムーブメント:手巻き式
パワーリザーブ:最低70時間
クロノグラフ:1/4秒、30分計、12時関計
毎時振動:28800/H
カレンダー:カレンダー窓表示
ベゼル:両方向回転ベゼル、回転計算尺
リューズ;非ねじ込み式、2ガスケット
ケースバック:ねじ込み式
ガラス:ドーム形サファイアクリスタル、両面無反射コーティング
直径43.0mm
厚さ13.85mm
品番 A020B59KBA
価格 ¥870,000(税別)

 

カテゴリー:ナビタイマーコスモノート, 未分類
Tags: , , , , , ,

オリエント修理

オリエントスターロイヤル パワーリザーブ カレンダー付 46M40
DSCN2428
DSCN2427
ムーブ最上部にある半円が回転することでゼンマイが巻き上がります。

DSCN2420
分解した写真になります。巻き上げの調子が悪いということでオーバーホールになりました。

オリエント エムホース パワーリザーブ キャリバー 46G41


3時位置のボタンで カレンダーの早送りを 行います。


分解の写真です。 パワーリザーブが10時間ほど残っていたのですが どうしても止まってしまう状態でしたので オーバーホールとなりました。


ローターはまだ組んでいません。

オリエントスター セミスケルトン キャリバー 46S51


右上の歯車にパワーリザーブの針が付きます。



セミスケリトン

ORIENT オリエントスターパワーリザーブ  46N42キャリバー 21600/h

たまには ムーブメントの裏側です。


通常カレンダー(日車)は 時計と同心円で セッティンングされていますが オリエントのパワーリザーブ機能が 付いているモデルは
こんな感じです。ちなみに 日付の30日の所の突起にパワーリザーブの 針が付きます。

ORIENT ダイナミック  Cal 48140 21600振動/h

分解写真


キャリバー48140 巻き上げが不良でした。丸穴車 と キチ車を 交換


オリエントダイナミック 手巻き式 シースルーバック

 
オリエントスターロイヤル修理品
 
分解写真
 

 

 

 

 

 

 

 

自動巻き機構とローターを組む前です。

なんかきれいでないですよね。

 
組み立て完了

 

 

 

 

 

 

 

組み上げ後はこんなにきれいです。

 
オリエントスターワールドタイム
 
文字盤の下の ワールドタイム機能とカレンダー機能の
歯車が見えます。
 

 

カテゴリー:オリエント修理, 時計修理
Tags: , ,

Copyright(c) 2019 精工堂時計店. All Rights Reserved.