» SEIKO修理

SEIKO 5  ガラス6時位置にSEIKO5の刻印がありました。


精度不良のため オーバーホールです。
分解写真です。



SEIKO キャリバー6308


ベルトを純正に


SEIKO キャリバー6308
30年以上前のモデルで はじめての オーバーホールでした。


リューズが ねじ込み式なのですが 非常に特徴的です。






SEIKO 5
DSCN3200
DSCN3192
80過ぎの おじいちゃんが持ち込まれた修理品ですが 非常に汚れていたので
分解掃除を行いました。 心配なのは80過ぎのおじいちゃんが ローターで
巻き上げらるかです。




グランドSEIKO キャリバー6155A オートマチック

DSCN2919
自動巻きムーブメント 6155A

DSCN2917
通常より テンプが小さく感じます。

DSCN2918裏まわりは シンプル デイトのみ

DSCN2916
分解の写真です。




キングセイコー ハイビート 36000振動/h

DSCN1656手巻きムーブメント

DSCN1654


SEIKOキャリバー4500 

DSCN1655

DSCN1653分解写真 

 


グランドセイコー

 

DSCN1649
キャリバー5722B
DSCN1648
手巻きのグランドセイコーです。

DSCN1647デイト付き カレンダーの早送り機能あり 

DSCN1646
オーバーホールのため 分解した写真です。

SEIKO 5  DX  5139-7020

 

seiko-5の40年ほど前の 時計と思われます。


年代を感じさせる 時計ですが SEIKOらしさがでています。

ムーブメント 5139A は 意外ときれいでした ゼンマイが 切れていたため 探すのには 苦労しました。

参考までに リューズの左に3本筋のネジがありますが これは 修理のときだけに使うネジです 昔は親切でした。

 

 

 

 

 

 

 

分解写真 

 
SEIKO 6R15キャリバー 21600振動/H 3時カレンダー表示
 

 

 

 

 

 

 

裏周り

 

 

Copyright(c) 2018 精工堂時計店. All Rights Reserved.