» IWC修理

IWCマーク12

 

IWCマーク12 キャリバー884 ベースは ルクルト社製

文字盤側ですが 個人的ですが 非常に好きな裏側です。
組み上げは ちょっと大変です。

分解写真です

IWC インジュニア ペラトン

6時上に インジュニアのlogo

IWCキャリバー 853

裏周りです。 10時の方向に IWCのマークが あります。

左から 裏蓋 裏蓋耐磁シールド 側面耐磁シールド ムーブメント 文字盤側耐磁シールド
文字盤 ケースとなります。

分解写真

 

IWC オートマチック ペラトン巻き上げ機構

修理前に 写真を一枚 あとで確認のため



ペラトンを組む前なのですが ほとんど手巻きのムーブにしかみえません。


ペラトンとローターをくみ上げた状態です。


分解の写真です。

アクアタイマー Cal C37624 28800振動/h

ムーブメントは 金色に化粧してありました。


日車は 文字盤に合わせて 黒に白字
br_wildIWC ダビンチSL Cal  C37624  28800振動/h


分解写真


br_wildCal C37624  磁気帯がひどく タイミング調整が 出来ず 分解しながら磁気抜きを しました。

 
分解写真

 

 
   
分解写真
 
IWCキャリバー C79320
さすがIWC見えないところまで仕上げています。
クロノグラフ部分を組む前です。
 
ローターを組む前ですがやはりきれいですね。

 

Copyright(c) 2022 精工堂時計店. All Rights Reserved.