» ロレックス修理


デイト

分解写真

ぜんまい切れで 止まりでした。

キャリバー3135





ROLEX エアーキング




キャリバー3000ですが 写真の中央より上の部分が 汚れているのが わかると思いますが ローターとローター芯のカシメが外れかけた状態で使用したためローターがムーブメントのあたり金属がすれてはがれたカスが汚れとなったと考えられます。


分解した写真です



写真に左が ローターでその左がローター芯です 通常はこの部品は一体となっています。通常はローター芯の交換で済むのですが 外れた状態で 使用したため ローターの穴が大きくなりすぎてローター芯をかか占めるスペースが減ってしまい 一式の交換となってしまいました。

リューズは ねじ込み部分が減ってしまいチューブとリューズの交換となっています。ちなみに 巻き芯も微妙に短く交換となりました。











ROLEX デイトジャスト
DSCN3365
カレンダーの早送りができない状態でした。

DSCN3358
自動巻き部分を組み込む前です。

DSCN3359カレンダーの早送りは 油切れでうまく作動しなかったようです。 オーバーホールで改善しました。




ROLEX GMT2
DSCN3252
DSCN3251
裏回り 短針がズレることが あるということでしたが 特殊な車の油切れと思われる。

DSCN3250
分解写真 



ROLEX GMT

DSCN3209
分解写真
DSCN3208
油切れのため ふり角があがらないため 遅れがでていました。


ROLEX サブ

DSCN3199

DSCN3193
サブマリーナ 分解写真 水入り めずらしく チューブが 緩んで入ったようです。




ROLEX EX2

DSCN3198
DSCN3197分解写真 遅れが出ており ローター芯が減っていました。



ROLEX デイト ターンドベゼル

DSCN3148
DSCN3142
キャリバー3135
DSCN3141
分解写真 




ROLEX サブマリーナ

DSCN2932

DSCN2926
ローター軸の油切れにより 時計を振ると 「グン」という感じで ローターが回りにくくなっていました。

DSCN2929自動巻き機構をくむ前の状態です。

DSCN2931
これで 表は出来上がり

DSCN2927
分解の状態です。。

 

 

ROLEX GMTマスター

DSCN2490
キャリバー3186 自動巻き 28800/h振動

DSCN2489
分解写真

DSCN2488

 

 

 

 

ROLEX 16234  デイトジャスト

DSCN2495
DSCN2493
キャリバー3135

DSCN2494
DSCN2492
ゼンマイ切れ

ROLEX デイトジャスト 16233G

DSCN1998Cal3135 自動巻き 28800振動 

DSCN1994裏回り

DSCN1993
DSCN1991
ゼンマイ切れのための止まりでした。 分解掃除とゼンマイ交換の修理です。

DSCN1992分解写真です。

 

ROLEX デイトジャスト
DSCN1990

 

DSCN1987
Cal2135 

DSCN1988
裏回りです。

DSCN1965
分解写真  定期の分解掃除です。 振り角も良好。

ROLEX デイトジャスト 16000 

DSCN1989

 

DSCN1937
Cal1570 

DSCN1936
遅れと リューズが閉まらなくなった状態でした。 リューズを交換し分解掃除にて完了

 

ROLEXエクスプローラー

DSCN1981
DSCN1941Cal3035 自動巻き 28800振動/h

DSCN1940カレンダーが付いていないため 裏側はシンプルです。

DSCN1939
分解写真 止まりでした 原因は ゼンマイ切れです。 それと 年数がたっていたので 分解掃除注油で 改善。

ROLEX サブマリーナ

DSCN1677
キャリバー3135

DSCN1675添付の振り角が 小さく遅れが でていました。

DSCN1676

DSCN1674-002
分解写真 

ROLEXデイトジャスト 16234

DSCN1669
キャリバー3135

DSCN1667
ゼンマイ切れの修理でした。

DSCN1668
カレンダー回り

DSCN1666分解写真 

ROLEX プレセジョン 6694

DSCN1661
キャリバー1215

DSCN1659出車付き

DSCN1658デイト機能

DSCN1657-001分解写真
 

 

 

 

ROLEX エアーキング 14000 DSCN1651
キャリバー3000

DSCN1639
平ひげ使用 

DSCN1640
ノンカレンダーなので 裏側は シンプルです。

DSCN1638オーバーホールのため 分解した 写真です。

ROLEX デイトジャスト 1630

自動巻きですが 日付の早送りは付いていません。

1570 出車を 採用し センター秒針にしています。


カサ車(時針の付く車)が 直接 日送り車を回します

ROLEX エアーキング キャリバー3130 ノンデイト


表は 3135と同じです。ノンデイトなので こんな感じです。

ROLEX デイト 品番15120 キャリバー3135


サファイアガラス
定期のオーバーホールです。

 

ROLEX デイト キャリバー 1570

プラ風防 

チラネジ 巻き上げひげ搭載
カレンダーは 「パシャ」と変わります。

ROLEX デイト キャリバー1570


自動巻き機構を組む前です。出車でセンターセコンドにしています。

カレンダー回りです まだ カレンダーの早送りできないムーブです。

ひげゼンマイが ブルーです。
ROLEX デイト 1510 ムーブメントキャリバー1570

ROLEX サブマリーナ  キャリバー3135

洗浄前の分解写真です。自動巻き機構を 組み込む前

ROLEX デイトジャスト キャリバー3135

キャリバー3135 のオーバーホールです。

裏回りです。

ROLEX デイトジャスト キャリバー3135

巻き上げ不良で 遅れ止まりの状態でした。 メンテナンスを行わないで 使用を続けために ローター芯が摩耗して ムーブメントにローターが あたってしまい 巻き上げ不良を起こしていたのと ローターが機械にあたり金属片の粉が散らばっていました。


右に見えるのが 交換したローター芯です。

ROLEX デイトジャスト キャリバー1570


1570の時計部分を組んだ状態です ひげゼンマイが 青色でチラネジ付き きれいなブームメントです。


先程のムーブメントに 出車を付け 中央に秒針車を 付けた状態です。これでセンター秒針になります。


裏回りです。左上の歯車が デイドジャスト特徴の カレンダーが「パシャ」と高速で回ります。


2枚目写真に 自動機機構を 組んだ状態です。ムーブメントは これで完成


針を付けます。 インデックスの蛍光塗料の色が 時間が経つにつれ 黄色になっていきます。


ケーシング ・ ブレスを付けて 完了となります。 古いものですが いい顔をしています。

ROLEX サブマリーナ 16610 キャリバー3135


キャリバー3135の 分解写真です。ETAに比べると 部品点数はだいぶ多いですね。


時計部分を 組んだ状態です。ここでビブログラフで精度の確認をします。 この上に 自動巻き機構が 組まれます。


裏返して 裏回りを組んだ状態です。ここで カレンダーの早送りができるか リューズを2段引き 針回しで カレンダーを送るかを確認します。


また  裏返して 自動巻き機構を組んだ状態です。これでムーブメントの完成です。


ROLEX サブマリーナ オーバーホールの完了となり ランニングテストを 行います。

 

 

 
EX1
 
分解写真
 
カレンダーがないタイプですよね。
 
ROLEX 1603 修理品
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 
キャリバー1570 自動巻き部分を組む前です。
出車が見えます。
 
 
ROLEXエクスプローラーⅡ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャリバー 

 
 
ロレックスGMT 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解写真

 
キャリバー 3815 GMT
 

 

Copyright(c) 2018 精工堂時計店. All Rights Reserved.