» チュードル修理

TUDOR
DSCN3297

DSCN3295
巻き芯が長すぎると思いませんか?これは 巻き芯が折れていたので 交換後長さを調整していない状態なので異常に ながくなっています。



DSCN3294






TUDER
DSCN3175

DSCN3144キャリバーETA2824-2

DSCN3138
分解写真 油汚れと乾きにより 遅れがでていましたが オーバーホール注油で 改善。



TIDOR プリンスデイト

DSCN2739
DSCN2737
ETA2824-2 

2番車の上下の油が 固まってしまい 遅れの症状がでていました。

DSCN2738
オーバーホールにより改善。

DSCN2736

 

 

 

 

 

TUDER ユニーク

DSCN1997
ETA2824-2 28800振動/h

DSCN1996
ゼンマイ切れでの 止まりでした。 分解掃除とゼンマイ交換の修理です。

DSCN1995
分解写真




TUDOR クロノタイム

 


クロノタイム オーバーホール リューズ修理でした。

ETA7750 採用
デイト表示

TUDOR 79090

 


TUDORサブマリーナ オーバーホール ゼンマイ交換 風防交換の修理でした。

ETA2824-2 制度調整には トリビオスを採用
TUDORは 地板にも TUDORの マークが 入っています。

TUDOR 2484
 


TUDOR デイト付き

 

地板 文字盤側に TUDORの刻印があります。

 

 

 


テンワには チラねじが付いています。 さすがに 古いムーブメントなので 部品を探すのに一苦労しました。


TUDOR サブマリーナ

分解写真

 

 

 

 

 

 

 

ETAキャリバー 止まりの原因は ゼンマイ切れでした。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2018 精工堂時計店. All Rights Reserved.