» ORIS アクイスデイト キャリバー400 41.5mm

1

アクイスデイト キャリバー400  41.5mm

オリス キャリバー400が、小ぶりな41.5mm径のアクイスデイトに初めて搭載。

 

16

アクイスデイトキャリバー400 41.5mmの製作にかかわった セドリックさんの話です。

オリスではどういう仕事をしていますか?

入社当初は品質管理を担当し、その後に生産部門に移って手巻きのキャリバー100シリーズ開発に参加しました。直近の2年間は、自動巻キャリバー400シリーズ開発のリーダーを務めました。

それはどんな仕事ですか?

私の仕事は、COOのビート・フィスキと彼のチームが考えた素晴らしいコンセプトをキャリバー400シリーズとして完成させて、例えば新作アクイスデイト41.5㎜搭載の準備を整えることです。部品の品質をチェックし、組立工程や完成品の品質を管理し、キャリバー400シリーズについて社内で必要な情報を提供することです。

新作自動巻ムーブメントはどのように開発されるのですか?

現代の生活に適応する時計を作ることがとても重要な課題です。高級時計に対する期待は多く、美しさ、機能、信頼性、一生使えることなどが求められます。それぞれとても大きな課題ですが、キャリバー400シリーズではそれが叶えられたと思います。

具体的にはどういうことですか?

まずはロングパワーリザーブです。キャリバー400シリーズのオーナーには、数日間外していても時計が動いているという安心を提供したかった。そして、美しさには関係ないけれど、できる限りシンプルなつくりにしてメンテナンスを素早く簡潔にできるように設計することもとても重要です。信頼性が高いパーツを採用して、構造をシン
プルにしました。また、耐磁性と耐腐食性のある合金を使いました。機能について自信があるのですね?オーバーホール推奨期間10年をうたい、10年保証を付けるのですからね。機械式時計としては本当に特別なことです。だから「新基準」というわけです。

「世界中の人々に喜びとプライドを持ってつけてもらえる時計を提供したいのです。」

私たちの望みは、世界中の人々に喜びとプライドを持ってつけてもらえる時計を提供することです。私自身も愛好家の一人として、アクイスデイトキャリバー400をこの数か月使っています。毎日つけるわけではありませんが、ねじを巻いたり時間を合わせたりする必要はありません。その構造を知っている自分でも、その精度には感心しますね。

精度とは?

日差-3から+5を保証していますが、遅れは絶対あってはなりません。約束の時間より早めに行くのは良いけれど、遅刻は困ります。磁気に晒されても、磁場から離れたらすぐに元の精度に戻るように作りました。

なぜ耐磁性を重視するのですか?

私たちはどこにいても磁気に晒されます。車の中、家で料理するとき、電話を充電するときなどです。そしてこれからますます磁気に晒されることが増えると思います。これを考えないわけにはいきません。

最後に、時計作りの歴史に参加するのはどんな感じですか?

素晴らしいです。光栄です。オリスの歴史に自分が参加できることは大きな誇りですが、何より自分が作ったものが多くの人に愛用してもらえることがとても嬉しいです。皆さんを笑顔にできるのですから。

マルチピースステンレススチールケース
ケース径41.5mm
ブルーグラデーションダイアル
スーパールミノバ加工の針とインデックス
サファイア、両面ドーム型、内面反射防止コーティング
ねじ込み式シースルーサファイアケースバック
ステンレススチールねじ込み式リューズ
リューズプロテクション
ステンレススチールブレスレッドエクステンション付きフォールディングバックル
30気圧防水

キャリバー400ムーブメント
時分秒針、6時位置日付表示
ファインタイムデバイス、クイックデイトチェンジ
デイトコレクター、ストップセコンド
-3秒~+5秒精度 COSC基準範囲内
高耐磁性
120時間パワーリザーブ
10年間保証(MyORIS登録が必要)
品質保証10年

品番400 7769  4157
価格¥407,000(税込み)本体価格¥370,000

キャリバー400

オリスキャリバー400シリーズは自動巻ムーブメントの基準を刷新するものです。
独立系スイス時計メーカーの自社開発により、高度の耐磁性と5日間パワーリザー
ブに加え、オーバーホール推奨期間10年、保証期間10年(マイオリス登録が条件)を
実現しました。


ツインバレルコンセプト
5日間パワーリザーブ

キャリバー400シリーズの開発にあたり、オリスのエンジニアたちは、現代の生活で誰もが同じ時計を毎日身に着けるわけではないことを考慮しました。普通の自動巻時計は1日か2日外しておくとパワーリザーブがなくなって止まってしまいます。キャリバー400シリーズのパワーリザーブは5日間ですから、例えば木曜日に外しても翌週火曜日まで動いています。これは2.5日分以上のパワーを蓄えるバレルを2つ備えるメインスプリングによるものです。

同クラスで群を抜く信頼性
オーバーホール推奨期間10年、10年間保証(マイオリス登録が条件)オリスはキャリバー400シリーズの性能に自信があるので、このムーブメントを搭載するオリス製品のすべての保証期間を、マイオリス登録を条件に10年まで延長します。そして、オーバーホール推奨期間も10年です。つまり、外的要因などによる損傷や防水機能検査などを除いて、2031年までメンテナンスは不要ということになります。これが新しい基準です。

ローターの安定性を向上核となる部品の革新

もう一つオリスがキャリバー400シリーズ開発に際して挑戦したのは、故障の原因をなくすことでした。オリスのエンジニアたちは、ローターを回すボールベアリングが自動巻ムーブメントの故障原因の最たるものの一つであることに目をつけました。ローターの回転によってメインスプリングにパワーを蓄える仕組みの自動巻ムーブメントにとって、大変重要な機構です。そこで、ボールベアリングの代わりに、摩擦の少ないスライドベアリングシステムを採用しました。スリーブをスタッドがスライドしてローターを動かす仕組みです。これは従来のものよりシンプルで、効率もよく、摩耗も少ないため故障のリスクを軽減するのです。

高度な耐磁性
磁場に対する抵抗を強化

ほとんどのスイス製ムーブメントは、日常生活で遭遇する磁場に晒されると磁気を帯びます。そうなると時刻が狂ったり、時には止まってしまったりします。耐磁性を高めるため、キャリバー400シリーズに使う30以上の非鉄金属部品や脱進機やアンクルにシリコンなど耐磁性素材を使っています。有名なデュボア研究所によるテストで、2,250ガウスの時期に晒した後も日差10秒未満という好成績でした。最新のISO764基準では200ガウスの磁気に晒した後の日差30秒以内が許容範囲とされています。アクイス400はその基準の11倍の磁力に晒されても日差は基準の3分の1しかなく、まさに高耐磁性を誇れるものです。

Copyright(c) 2022 精工堂時計店. All Rights Reserved.