» ミナセ  FIVE WINDOWS ブラウンコンビ 本ワニ

 FIVE WINDOWS (ブラウン コンビ)
VM03-LBD

ミナセを製造する協和精工は切削工具メーカーとして1963年創業。リューズの穴あけ加工用に使用する「段付きドリル」製造をきっかけに時計事業に参入。秋田の湯沢市(旧皆瀬村)で長年かけてケースの鍛造、切削、研磨、組み立てとあらゆることを経験。自分たちの理想の時計を作りたいと思い、ブランド名を生産地名である「皆瀬」に、ルーツでもある「段付きドリル」をロゴマークに採用、自分たちの考える日本のモノづくりの精神をMINASEという時計に具現化しました。「ザラツ研磨」によるシャープなエッジとクリアに輝くコントラスト、職人の手仕事ならではの精緻なタッチ、いつまでも愛せる永続性、常に初心に立ち返り、先進性のある独創的な発想と技術を持った時計をこれからも追求していくのです。

ファイブウインドウズとはいわば時を閉じ込めたカプセルを身に付ける行為。ケースの構造により究極的なダイアルの立体感と量感を、大きく開けられた風防、裏蓋、そして側面に配された窓からご堪能いただけます。5枚のサファイアガラスを通る光が生み出す輝きと陰影が、角度、時間によって刻々とうつろう様は、他にない時計の美を生み出しています。

FIVE WINDOES

ケース:ステンレススチール
ムーブメント:KT7001(ETA2824 SW200ベース)デイト表示
防水性:日常生活防水5気圧
風防:サファイアガラス 裏蓋スケルトン(サファイアガラス)
ブレス:本ワニ皮ストラップ(Dバックル)

ケースサイズ:横38.0mmx縦46.5mmx総厚14mm(ガラスを含む)

型番 VM03-L01BD
価格  ¥385,000(税込み)本体¥350,000

裏蓋スケルトン(サファイアガラス)

ケースインケース

Case in Case(ケースインケース)はMINASEのHiZシリーズで最も大きな特徴のひと つです。
ケースの中にある文字盤部分はムーブメントを覆う2個目の“ケース”となっており、そのケースを別体のインデックスが上からホールドする独自の構造になっています。HiZシリーズでは、その独創的なアイデアを実現するために、従来までのケースとダイアルの関係に纏わる構造や、加工方法における既成概念を取り払い、全く新しい「Case in Case」を追求しました。この構造によって超立体的な構造を実現し、独特な空間が生まれます。またパーツ一面一面にはザラツ研磨が施されており、厳かで個性的な世界観を演出しています。

Copyright(c) 2021 精工堂時計店. All Rights Reserved.