» ORIS ビッグクラウン ポインターデイト コンビ


オリス ビッグクラウン ポインターデイト ピンクゴールドコンビ

 1938年、オリスはパイロットに向けの新しい腕時計を発表しました。パイロットがグローブをしたままでも容易に調整することが可能な大きなリューズそしてコンプリケーション 中央のポインターデイト針が指し示すデイトが備えられていました。その背景にある哲学は、初期の航空機の操縦席にみられる過酷な状況下においても信頼が置けて、使いやすく、美しく、高品質で手ごろな価格の腕時計を製造することでした。
 

 


80年以上経った現在、ビッグクラウンがオリスがこれまで製作したなかで最も重要な時計のひとつであることは明らかです。ビッグクラウンには計り知れない歴史的ストーリーがあります。このモデルはオリスの時計製造哲学における強大な象徴でありこの時計なくしてオリスはスイス機械式時計のリーダーとしての地位を確立できなかったかもしれないという意見もあります。この腕時計はこれまでに想像された中で最も有名な時計の一つです。

 

このモデルはどのように時の試練に耐えてきたのでしょう。「その他数多くのオリス製ウオッチと同様に機能的な革新を提案してくれます」とオリスの共同最高責任者ロルフ・スチューダーは言います。「このモデルの機能は、こんなにも独特な外観を生み出したデザイン的な要素の一つにすぎません。それに加え、コインエッジベゼル、美しいっ数字 特に4 そして大きなリューズがあります。無駄を省き機能を追加することでこのモデルを一層際立たせています。」と彼は続けます。「デイトウインドウなしで日付を表示します。時計のデザイン上のバランスを崩してしまう可能性があるため 多くの腕時計愛好家たしがデイトウインドウを好みませんこういったことのすべてが成功へとつながります」

 

 

機能性はすべてのオリスウオッチの背景にあるコア・バリューです。「私たちがデザインする腕時計はいずれも機能的ですべて目的を果たす必要があります」とスチューダー氏は説明しkます。「余分なものがある場合は除去します。私たちは常に腕時計をより良くする努力を続けており、機能的革新が永続的となるようなサイクルを作り出しています それはあらゆるディティールにも当てはまります例えばポインターデイトの針は最初はアローでしたが半月型になり現在はその二つが融合した形状になっています。現在の日付をフレームで枠組みしているので一目で読みやすくなっています。デザインの進化は オリスがお客様の声に耳を傾け独自の方法で進化を遂げることができる自信のある独立企業の証です。



オリス ビッグクラウン  ポインターデイト コンビ

ケース:
マルチケースステンレスケース

サイズ:
直径40.00mm 

ダイアル:
シルバーxピンクゴールドインデックス
 

ルミナスマテリアル:
針とインデックスにスーパールミノバ
 

トップガラス:
プレシキガラス
 

ケースバック:
ステンレススチールねじ込み式 シースルーミネラルガラス

リューズ:
ステンレスリューズ

ストラップ:
ステンレスブレス

品番 754 7679 4331
価格 ¥166,000(税別)

 

 

Copyright(c) 2020 精工堂時計店. All Rights Reserved.