» エンジニアⅢ ブロンズスター 

logo





エンジニアⅢ ブロンズスター

ブロンズの味わいだけではい ブロンズスター
実は耐久性も抜群のブロンズケース

自社開発のハイレベルな耐衝撃・耐磁・防水性といった実用性能により時計業界をリードするボールウオッチ。新作「エンジニアⅢブロンズスター」近頃 時計ファンから熱い注目を集める素材・ブロンズを大々的にフューチャーした1本である。数ある銅合金のなかで今回ボールウオッチがケース素材に選んだのはアルミニウムブロンズ。この素材は非常に高硬度なだけでなく、海水による浸食を防ぎ、耐熱、耐摩耗の点でも極めて優秀だ。それゆえに船舶の部品などにも使用されることがしられている。つまり堅剛さが特徴のボール製品にぴったりのそざいといえます。

NM2186C-L1J-BK_night and day

同時にブロンズは、SSやチタン、ゴールドとは違う独特の質感と光沢感で着けているだけで個性を演出してくれる。そのうえ、使うほどに表面の質感が変化していくため、個体ごとに異なる経年変化も楽しめる。6時位置にエンブレムを配したブラック文字盤とブロンズ特有の色味によるカラーリングも絶妙といえよう

imagesブロンズスターの個性は外観のみにはとどまらない。その内部にもオリジナル開発の機構が満載されているたとえばムーブ内の耐震装置「スプリングロック」。機械式時計は断続的な衝撃が加えられると、精度を司るひげゼンマイの動きが不安定になる。そのでひげゼンマイの周囲に”ゲージ”と呼ばれる特殊パーツを取り付け、これに衝撃を吸収させてムーブメントへのダメージを軽減し、安定した精度をキープ。さらに新作ではこれまで金属だった”ゲージ”の素材を見直すことで、磁気帯による精度の低下も防いでいる。また従来の耐磁時計では軟鉄インナーケースを採用するのが一般的だったがブロンズスターは磁気を吸収するきわめて薄いニューメタル製インナーケースをムーブ周りにセットして高度な電磁シールドを構築。これによりCOSC耐磁基準の4800A/mをはるかにこえる80,000A/mを確保し、スマホが発する高磁気(22400A/m)軽々とシャットアウトするのである。このように、時計の内外からタフネスを追求したブロンズスター。レアな素材を用いつつも、実用性をしっかり考慮してしあげているのです。

ブロンズスター

自動巻き(BALLキャリバーRR1102)/25石/28800振動/パワーリザーブ約38時間/スプリングロック
時分秒針/日付・曜日表示/針・文字盤に14個の自発行マイクロガスライト
耐衝撃性5000GS 耐磁性80,000A/m 100m防水
アルミニウムブロンズケース(直径43mm 厚さ13.45mm)
ねじ込み式リューズ、反射防止処理済サファイアガラス
ブロンズカラーの窒化チタン製バックケース

品番 NM2186C-L1J-BK
価格¥230,000(税別)




 

Copyright(c) 2018 精工堂時計店. All Rights Reserved.